長野県民新聞

長野県民新聞

『長野県民新聞』は、昭和49年9月、『長野新聞』として創刊。昭和57年7月に『長野県民新聞』に名称変更するなどの変遷を遂げながら、長野県唯一の教育専門紙としての歴史を重ねてきました。「教育県長野」の復権を願い取材・編集にまい進。中でも昭和50年代後半からは県下児童生徒の学力低下に警鐘を鳴らし続け、いわゆる「学力問題」の火付け役となりました。今後も長野県教育への貢献を目指し、努力を続けていきます。

高校再編 一次の整備計画を県教委が確定

 県教委は14日開いた定例会で、「高校再編・整備計画(一次)」を確定した。今年1月までに地域の協議会で示された意見・提案に基づき、3月に一次案を公表。その後の各地区における住民説明会、さらに14日の総合教育会議での議論を踏まえて確定した。

続きを読む...

新高校入試制度 導入を1年先延ばし

 県教委は14日開いた定例会で、新高校入試制度の導入を1年先延ばし、現小学5年生が受験する令和7年度入試から実施することを決めた。

続きを読む...

県教委「未来の学校」構築事業 各校の取り組みを追う

 県教委の「未来の学校」構築事業の研究を進めている各校の取り組みと成果を取材した。

続きを読む...

バックナンバー