長野県民新聞

2009/12/07

全国下回るいじめと暴力

 本県の小中高校で発生した「いじめ」と「暴力行為」は、全国の状況に比べるとその認知率・発生率は低いものの、いじめ発見のきっかけや、暴力行為を行った生徒への対応は全国の状況と大きく異なることなどが、文部科学省がこのほど公表した「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」から明らかになった。

 

 詳しくは12月5日号の紙面で。