長野県民新聞2013年11月

「家庭学習の充実を」 全国学テの分析委員会

 全国学力・学習状況調査の結果を受け、県教委が立ち上げた分析委員会は「家庭学習の内容を、予習、復習や苦手な教科の学習など、授業と関連する課題としたり、個に応じた内容や方法を指導したりしていくことが重要」と呼びかけている。

続きを読む...

信州教育再興へ 私の提言⑦ 宮澤節子さん

 信州教育再興へ向けた、各界表者からの提言。今回は、県チャイルドライン推進協議会事務局長の宮澤節子さん。

続きを読む...

「学力向上へ」県下小中学校の取り組み

 全国学力・学習状況調査で全国平均を大きく上回った、伊那市立西箕輪中と長野市立川中島小を取材した。

続きを読む...

「補充指導」工夫して実施を 県教委 小中学校に提言

 県教委が設置した「全国学力・学習状況調査分析委員会」は「補充指導を行う時間を生み出す日課の工夫を行う」等の内容を盛り込んだ報告書を県教委に提出。これを受け伊藤教育長は「各校においてはできるとことから実践してほしい」などと訴えた。

続きを読む...

信州教育再興へ 私の提言⑥ 山本京子さん

 信州教育再興へ向けた各界表者からの提言。6回目は、長野県中央児童相談所長の山本京子さん。

続きを読む...

さらに続く厳しい少子化 対応は待ったなし

 前号でも報じたが、少子化の現状は厳しい。県がまとめた「毎月人口異動調査」の詳報。

続きを読む...

さらに進む厳しい少子化 0歳児は15歳児の76%に

 少子化はさらに進み、今年10月1日現在の0歳児は15歳児より5千人以上少ない1万6,188人であることが、県のまとめから明らかになった。

続きを読む...

信州教育再興へ 私の提言⑤ 星沢哲也さん

 信州教育再興へ各界の代表者から意見を聞く連載。今回は、県中小企業団体中央会会長の星沢哲也さん。

続きを読む...

来春開校する新校の特色と魅力

 来春開校予定の「コードアカデミー高校」と「文化学園長野中学校」の目標や教育内容などを取材した。

続きを読む...