長野県民新聞

2014/06/20

特別支援学級の在籍比率 初めて3%上回る

 今年5月1日現在で県下公立小中学校に在籍する特別支援学級生の割合は、小中学校ともに初めて3%を超えたことが、県教委義務教育課のまとめから明らかになった。

 詳しくは、6月15日号の紙面で。