長野県民新聞2016年4月

長期療養教職員 5年間の最高比率に

 平成27年度中に療養休暇が30日を超えた教職員は過去5年間で高比率になったことなどが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

検証 28年度の高校入試結果③

 28年度高校入試結果分析の3回目。今回は、定時制、多部制・単位制、私立高校について。

続きを読む...

学校納入金等調査分析③ 高校編

 県教委「学校納入金等調査」分析の3回目。今回は、高等学校の納入額を分析した。

続きを読む...

3年連続で下落 信大入学生の県勢占有率

 今春の信州大学入学者のうち長野県出身者が占める割合が3年連続で下落したことなどが、同大入試課のまとめから明らかになった。

続きを読む...

検証 28年度の高校入試結果②

 シリーズで掲載している28年度入試の結果分析。2回目は、中南信地区の公立高校の結果について。

続きを読む...

県教委「学校納入金等調査」にみる保護者負担の実態②

 県教委がまとめた学校納入金調査を分析する2回目。今回は、中学校の保護者負担の実態を掲載する。

続きを読む...

進む少子化と多様化 小中学生は過去最少入学者

 平成28年度がスタートしたが、学校現場ではさらに少子化と多様化が進み、新小1生と新中1生はともに過去最少となっている。

続きを読む...

検証 平成28年度の高校入試結果①

 今春行われた平成28年度高校入試の結果をシリーズで分析していく。第1回目は東北信の公立高校入試結果。

続きを読む...

県教委「学校納入金等調査」にみる保護者負担の実態①

 県教委が昨年度末に発表した「学校納入金等調査」から、保護者負担の実体を紹介していく。第1回目は小学校の状況。

続きを読む...