長野県民新聞2017年6月

本県特別支援教育の実態

 今年5月1日現在、本県公立小中学校に在籍する特別支援学級生は、実数、在籍比率ともに過去最高数・率になったことなどが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

示された高校再編県教委案

 県教委は15日開いた定例会で、「学びの改革 基本構想」に示した「都市部存立校」と「中山間地存立校」の県教委枠組み案を決定した。

続きを読む...

日本語指導が必要な子ども 外国籍503人、日本籍133人

 日本語指導が必要な外国籍の児童生徒は県下公立学校に503人いることなどが、文部科学省の調査から明らかになった。

続きを読む...

県下の私学生 4万1,967人

 今年5月1日現在の本県私学生は、前年より516人多い4万1967人であることが、県のまとめから明らかになった。

続きを読む...

本県中学生に人気の山梨県4高校の特色

 本県中卒生が在籍している、山梨県の4高校の特色を取材した。

続きを読む...

低い本県の冷房設置率

 本県公立学校における空調(冷房)設備の設置率は、全国に比べ著しく低い状況にあることが、文部科学省の調査からわかった。

続きを読む...

大学進学率大きく下落 県下高卒生の進路

 今年3月の県下高校卒業生の進路状況は、大学進学率が前年に比べ大きく下がった一方、浪人生が大幅に増加したことなどが、県や県教委の調べから明らかになった。

続きを読む...

検証 28年度の高校入試結果④

 「検証 28年度の高校入試結果」の4回目。今回は、通学区間の移動などについて紹介する。

続きを読む...

県立中入試は12月2日 私立中の入試日程も記載

 県教委は5月25日に開いた定例会で、来春の県立中学校選抜要綱を決定。適正検査等の実施日は12月2日であることなどがわかった。また、私立中の入試日程も紹介している。

続きを読む...

バックナンバー