長野県民新聞2019年4月

全国下回る本県高校生の運動能力

 本県高校生の体力・運動能力は全国平均を大きく下回ることが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

検証 平成31年度の高校入試結果②

 シリーズで掲載している「平成31年度の高校入試結果」。2回目の今回は、公立の第3学区と第4通学区の状況を掲載する。

続きを読む...

県教委「学校納入金等調査」にみる保護者負担の実態③

 県教委「学校納入金調査」にみる保護者負担の実態の3回目は、中学校の状況。

続きを読む...

県立大の県勢占有率40%に 今春の県下高卒生の大学進学状況

 今春入試の長野県立大学の県勢占有率は前年より17.7ポイント低い40.2%となったことなどが、明らかになった。

続きを読む...

原山隆一・県教育長 年度当初インタビュー

 2019年度の始まりに当たり、原山隆一・県教育長に、抱負や課題などを聞いた。

続きを読む...

検証 平成31年度の高校入試結果①

 シリーズで掲載する高校入試結果分析。1回目は、東北信地区の公立高校の入試結果を分析する。

続きを読む...

県教委「新入試制度案」を提示

 県教委は3月28日開いた定例会で、新高校入試制度案を示した。前期・後期の二本立て入試はそのままとし、前期選抜には、基礎的な内容の学力検査を課し、後期選抜には、各校の独自性を重視した選抜も実施する、などの内容。

続きを読む...

信州幼児教育支援センターが発足

 信州幼児教育支援センターの開所式は1日、阿部守一知事などが出席して行われた。初代所長には、太田光洋・長野県立大学健康発達学部こども学科長が就いた。

続きを読む...

県教委「学校納入金等調査」にみる保護者負担の実態①

 県教委が毎年公表している「学校納入金等調査」から見えてくる保護者負担の実態を、シリーズで分析していく。

続きを読む...

バックナンバー