長野県民新聞

2019/04/08

県教委「新入試制度案」を提示

 県教委は3月28日開いた定例会で、新高校入試制度案を示した。前期・後期の二本立て入試はそのままとし、前期選抜には、基礎的な内容の学力検査を課し、後期選抜には、各校の独自性を重視した選抜も実施する、などの内容。

 詳しくは、4月5日号の紙面で。

バックナンバー