長野県民新聞2019年7月

時代の変化に対応する高校現場

 時代の変化に合わせるように様々な対応を行っている高校現場の様子が、県教委がまとめた「学校経営概要」から明らかになっている。

続きを読む...

白馬高等学校「国際観光科」 1期生の動向を追う

 平成28年4月に開設された白馬高等学校の国際観光科。その3年間の成果と1期生の動向を取材した。

続きを読む...

夏休みの学校閉庁日 平均8.1日に

 今年度の夏休みにおける「学校閉庁日」は、県下すべての小・中・義務教育学校で実施。その期間は平均8.1日になることが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

年々減少する小中学校の「学校行事」

 本県小中学校が大切にしてきた学校行事が減少傾向にあることが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

「学校経営概要のまとめ」にみる本県小中学校の現状と課題

 県教委がこのほど公表した「学校経営概要のまとめ」から、多様な数値をもとに本県教育界の現状と課題を掘り下げていく。

続きを読む...

過去最低の志願倍率を更新 教員採用選考

 来年度の教員採用選考の志願者数並びに志願倍率が、小中・高校で過去最低数・倍率となったことが、県教委のまとめから明らかになった。

続きを読む...

バックナンバー