長野県民新聞2020年4月

中2生の約4割は1人か子どもだけで朝食

 中2生の約4割は朝食を1人、もしくは子どもだけで食べていることなどが、県教委の調査から明らかになった。

続きを読む...

検証 令和2年度の高校入試結果②

 シリーズで掲載している、令和2年度の高校入試結果分析。2回目は、中南信地区の公立高校入試結果を分析する。

続きを読む...

学校納入金調査にみる保護者負担の実態③

 県教委の学校納入金調査から保護者負担の実態を分析する連載。最終回は、PTA会費の使用状況を分析する。

続きを読む...

浪人生が大幅減 今春の県下高卒生の大学進学状況

 今春、県下高校を卒業して浪人する者は、前年を400人ほど下回る、1000人ほどになりそうだ。

続きを読む...

検証 令和2年度の高校入試結果①

 今春行われた高校入試を分析するシリーズ。初回は、東北信の公立高校入試結果。

続きを読む...

学校納入金調査にみる保護者負担の実態②

 県教委の学校納入金調査から保護者負担の実態を見ていくシリーズ。2回目の今回は、公立高校全日制の学校徴収金を分析する。

続きを読む...

9人に1人が就学援助受ける 昨年度の本県小中学生

 平成30年度中に就学援助を受けた本県の小中学生は全体の11.11%、ほぼ9人に1人に達することなどが、文部科学省の調査から明らかになった。

続きを読む...

新年度スタート 原山県教育長に聞く

 例年、4月初日に行っている「新任教職員任用式」だが、今年度は新型コロナウイルス対策で、各校長にメッセージを託し、代読してもらう形で執り行った。その要旨を紹介する。

続きを読む...

「学校納入金調査」にみる保護者負担の実態①

 「学校納入金」の実態について、県教委の調査をもとに分析していく。初回は、全県の集計結果と、市町村別の集計結果をもとに分析した。

続きを読む...

バックナンバー