長野県民新聞2021年4月

県勢の占有率上昇した県内国公立大学

 今春の県下高校卒業生の進路は、コロナ禍の影響を受けてか、地元大学への進学志向が高まり、県下国公立大学の県勢占有率は、長野県立大以外は全て上昇したことなどが、明らかになった。

続きを読む...

検証 令和3年度の高校入試結果③

 シリーズで掲載している令和3年度の高校入試結果。3回目の今回は、中南信地区の公立高校入試の分析。

続きを読む...

県立の中高一貫校は2校体制を維持 第1期高校再編のまとめ

 県教委は中高一貫校について「現行の2校体制を維持することが適切」と、当面新たな県立中高一貫校を設置しない方向を示した。昨年度末の定例会で示された『第1期高校再編計画まとめと課題の整理』による。

続きを読む...

新年度スタート 原山県教育長に聞く

 新年度のスタートにあたり、本県教育の展望を、原山隆一・県教育長に聞いた。

続きを読む...

本県小中学生の9人に1人が就学援助受ける

 令和元年度中に就学援助を受けた本県小中学生は全体の11.10%、ほぼ9人に1人になることが、文部科学省の調査から明らかになった。

続きを読む...

検証 令和3年度の高校入試結果②

 今春行われた令和3年度高校入試の結果を分析するシリーズ。2回目の今回は、公立の第1通学区と第2通学区の分析。

続きを読む...

バックナンバー